お灸

講師に注目して鍼灸学校を選ぶなら地位や肩書以外の要素をチェック

大量のお灸

鍼灸師として働くなら、鍼灸専門学校に通い、しっかり勉強することが大切です。そのために学校を選ぶときは、講師に注目することも多いですが、調べるポイントには注意してください。
避けておきたいのは、講師の地位や肩書だけで判断してしまうことです。自分に合った鍼灸学校を見つけるためには、もっと広く情報を集めて、総合的に考えるべきです。地位や肩書も重要ではありますが、それだけだと、本当に自分のプラスになる鍼灸学校を選ぶことはできません。
例えば、将来開業することを考えているなら最も重要なポイントは、「開業しているか」ということです。地位や肩書がすごい人でも、開業していないのであれば、開業に関する有意義な勉強をすることは難しくなってしまいます。講師に経験がない場合、開業についての踏み込んだ質問をしても、望んだような答えは返ってこない可能性が高いのです。
そのため、地位や肩書だけで判断したり、そこだけを必要以上に優先するような選び方はやめてください。本当に大切なのは、他の部分もよく調べて、自分と相性のよい講師を見つけることです。それなら、どんどん質問できるため、仕事をするときに役立つことを、しっかり吸収できるようになります。

ピックアップ

  • 大量のお灸

    講師に注目して鍼灸学校を選ぶなら地位や肩書以外の要素をチェック

    鍼灸師として働くなら、鍼灸専門学校に通い、しっかり勉強することが大切です。そのために学校を選ぶときは、講師に注目することも多いですが、調べるポイントには注意してください。…

  • 鍼灸師の男性

    鍼灸師になりたいなら専門学校へ行ってみよう

    何か手に職をつけたい、一生働ける仕事を探している方は、鍼灸学校をご存じですか?鍼灸学校では、はり師・きゅう師(あん摩マッサージ指圧師)を養成する鍼灸専門学校があります。ここで…

  • 立ち昇る煙

    鍼灸学校を選ぶときは実際に見てみることが大切

    鍼灸師を目指すために鍼灸専門学校を探しているなら、パンフレットやホームページをチェックして満足するのではなく、実際に行って体験してみることをおすすめします。そうすると、細かい…

  • 鍼を刺す

    鍼灸師の学校を選ぶときに見学が重要な理由

    将来鍼灸師として働くためには、自分に合った鍼灸専門学校を見つけて、しっかり勉強することが大切です。そのためには、見学の機会をしっかりチェックしておいてください。なぜな…